肌のくすみを予防する5つの方法について

肌のくすみを予防する5つの方法について

肌のくすみは、老けて見られたりきれいなメイクが難しくなります。
今回は、肌のくすみを予防する3つの方法についてお話します。

 

血行不良を改善する

 

くすみの原因で大きいのが、血行不良です。
血行不良になると、細胞に栄養が行き届かなくなるので老廃物が体に溜まります。
老廃物が体に溜まると、血流が悪くなり顔色に影響します。
血行が不良を改善するためには、生活習慣を見直しましょう。

 

・体を温める食材をとる
根菜類やしょうがを積極的にとると、体が温まり血流がよくなります。
・睡眠不足を解消する
睡眠中は成長ホルモンが出ているので、ターンオーバーが促進されます。
睡眠不足になると、代謝が悪くなるのでくすみの原因になります。
・運動不足を解消する
適度な運動は、筋肉を増やして血流をよくしてくれます。

 

肌の乾燥対策をしよう

 

肌が乾燥すると、バリア機能が衰えて角質が厚くなってしまいます。
角質は黒ずんでいるので、厚くなると肌の暗さが目立ってしまいます。
・洗顔を見直す
肌の汚れを落とすために、1日何回も洗顔をしている方がいますが必要な水分を取ってしまいます。
洗顔は、朝晩の2回にしてごしごしと顔をこするのは避けましょう。

 

・セラミドで保湿対策
乾燥肌を防ぐには、セラミド成分が入った化粧品で保湿対策をしましょう。
セラミドは、肌の水分量を守ってくれる働きがあります。

 

紫外線対策に失敗

 

紫外線対策が十分できていないと、メラニンが蓄積されてくすみの原因になります。

 

・外出するときは、パウダーファンデーションを
外出するときに、日焼け止めクリームだけ塗っている人がいますが汗でながれやすいです。
パウダーファンデーションをつけると紫外線対策になり、化粧直しも簡単にできます。

 

・ビタミンCの食品を
体の中からも、紫外線対策ができます。
ビタミンCがたっぷりの、レモンやいちごなどを食べておくと紫外線に強くなります。

 

〇最後に
今回は、肌のくすみの原因と予防法についてお話しました。
いかがでしたでしょうか?
スキンケアも大事ですが、体の内側からのケアも大事です。